助産院の求人募集について

助産師に人気の資格【リフレクソロジー】

Posted on by

wieuhfjk

妊娠した女性というのは、
いつも以上に心に不安を抱えている場合があるんです。

これらの不安はストレスへと変化し、
少しずつ妊婦さんに蓄積されるんですね。
ストレスなどは、妊娠している女性にとっては避けたいものでもあります。

 

このストレスを上手に解消できる助産師が居てくれれば、
助産院としてはとても心強いですよね。

最近では、そんなストレスを解消させることが出来る、
リフレクソロジーなどの資格を取得する助産師も増えているんですよ。

 

長く助産師として仕事をしてきた人が、リフレクソロジーを学び資格を取得し、
日々の診療やケアに取り入れることもあるんです。

リフレクソロジーはリラックスのためのケアだけではなく、
身体のケアにもなります。
むくみや老廃物がたまりやすくなってしまう状態のケアにも向いていますよ。

 

また、実際に手で足に触れるというスキンシップによって、
妊婦さんに安心感を与える事も可能なんです。

もちろん、リフレクソロジーとは言っても、
あん摩師や鍼灸師のような資格を必要とするわけではありません。

 

基本的にはリラクゼーションの域ですので、
一般的にはトリートメントを行う事がメインとなります。

資格がなくとも知識があれば行えるのですが、
やはり勉強をして資格を取得すれば、その分信頼感もあります

 

「よりよいお産をして頂きたい」「妊婦さんとの強い信頼関係を作りたい」
という助産師にとっては、
リフレクソロジーの資格はかなり良い資格だと言えそうです。

 

 

wieuhfjk Tagged: .

心に敏感であること+体力が必要です

Posted on by

uiefjk

医療の現場の中でも、助産院や産婦人科で勤務する助産師の仕事は、
特殊なものになります。

助産師が対応する患者さんは、妊婦さんがメインとなりますよね。
妊娠している女性は、妊娠することで身体に変化が起きていきますが、
心にも様々な変化が起きるものなんです。

 

この心の変化というものは人それぞれ異なり、
傾向として何かがあるわけでもないんですね。

妊婦さん一人ひとりが、全く違う変化の仕方をするために、
助産師はそれぞれの妊婦さんに応じた対応が必要となります。

 

助産師は、繊細かつ敏感に、
妊婦さんの対応を行っていかなくてはなりません。

妊娠と出産と聞けば、多くの方が喜びを感じる出来事だと考えますよね。
ですが、時として真逆の結果となることもあるんです。

 

人の心に敏感で、自分自身にも強い精神力を持つことは、
とても重要となってくるんですよ。

出産の際には、妊婦さんはとてつもない体力を消耗することになります。
それをサポートしていく助産師も、
妊婦さん同様に体力を消耗する仕事なんですね。

 

妊婦さんの陣痛が始まれば、助産師はそこから妊婦さんを支え、
出産をサポートしていく仕事がスタートします。

助産院 求人

出産はいつ終わるのか分かりませんよね。
先が見えないというのは、想像以上に大変なことでもあります。

 

長い緊張感や不安に感じている妊婦さんを精神的に支える必要があります。
そのような長い時間、妊婦さんと一緒になって出産を体験していくのが助産師です。
もちろん、並大抵の体力では務まらないんですね。

 

 

uiefjk Tagged: .

病院選びの際には細かい部分もチェック!

Posted on by

orgkjf

助産院と言えば、妊娠した女性が
より自然な出産を望んで足を運ぶお産施設という考えの方は多いでしょう。
ですが、実際の仕事内容はとても多岐に渡っているんですよ。

女性の一生を考えていくのが助産師の仕事であり、
女性の妊娠・出産のケアや新生児のケアといったことだけではなく、
家族計画や、性に関する教育などを行うこともあるんです。

 

やりがいはとても大きい職場となりますが、
助産院は個性が強い職場ですので、
求人情報だけでは分からない部分が多くある可能性もあるんですね。

ですので、求人情報をチェックする際には、表面的な部分だけではなく、
しっかり確認する必要があるんです。

見落としてしまうと、就職後に後悔してしまうことになる可能性もありますよ。

 

助産院は基本的に24時間お産に対応するという施設です。

夜勤が出来ない状況である助産師であれば、
やはり助産院で勤務することが難しいのではないか
と思ってしまう人も多いですよね。

 

ですが、最近では日勤のみの助産師を募集していたり、
夜勤のみの助産師を募集していたりと、

ライフスタイルに合わせて
勤務時間を選べるようになっているところもあるんですよ。

 

募集内容をしっかり確認してみると、
勤務時間帯は応相談といったところが多くなっています。

そのような細かい部分を確認していくことで、
自分で不可能にしていた助産師の仕事が実現するようになった
という方もいるんですね。

 

どのような働き方が出来るのかという部分についても、
求人を探す際にしっかりと確認してみてくださいね。

 

 

orgkjf Tagged: .

助産院選びで気をつけたいこと

Posted on by

mfnsuih

病院とは異なり、助産師は助産院に勤務したり
助産院を開業することになりますよね。

この助産院に勤務する際に、
注意して確認しておいた方が良い点が多くあるんです。

 

総合病院に勤務していたという助産師さんは、
「助産院もあまり仕事に変化がなく、待遇も変わらないだろうな」
という思い込みがあることが多いんです。

給料などの提示がよければ、
後のことはあまり確認しないという方もいますよね。

 

ですが、助産院は病院ほど就業規則があるわけではなく、
勤務時間自体が曖昧になっているというところも少なくありません

時間外労働の考え方などが曖昧であったり、
残業手当の支給が無いということもあるんです。

 

労働時間に関するもの以外でも、
確認しておきたいことは多くありますよ。

例えば、交通費や通勤手当といったものは全額支給されるのかについてや、
各種手当の支給状況はどのようになっているのかということも重要です。

 

また、福利厚生の部分については、盲点ともなります。
病棟勤務の場合であればかなり手厚い福利厚生があったのに、
全く期待できないという助産院もあります。

有給休暇の取得も、少数で運営する助産院であれば
難しい場合もありますよね。

 

それでも、自分の考え方でお産を進める事が出来るからという理由で、
その助産院を選ぶ助産師もいるのですが、
このような事を事前に確認しておくことはとても大切ですよ。

 

 

mfnsuih Tagged: .

どんな助産師が求められているの?

Posted on by

nuwehu

出産に立ち会う仕事なだけに、助産師の仕事は幸福感に満ちている。
というように感じている看護師も多く居ますよね。

ですが実際には、助産師の仕事というのは決して幸福感だけではないんです。
死産に立ち会うことだってありますよ。
妊娠の途中で流産してしまう妊婦さんだって決して少なくありません。

 

大きな喜びがある反面、悲しい場面にもとても多く立ち会うことになるんですね。

それをしっかりと乗り越える事が出来る精神力というものが必要になる仕事です。
様々な出来事に対し、冷静に対応していく能力というのも必要になってくるんですね。

 

助産師の仕事というのは、時として24時間を超える勤務も必要となります。
お産は、時間が来れば終わりというものではありませんよね。

妊婦さんと赤ちゃんの都合によって、数日に渡り続く事もあります。
疲れたから、とりあえず一旦お産を中断しようなんてことは当然出来ませんよね。
ですので、体力が必要となります。

 

採用の際には、このような局面であっても乗り越える事が出来る体力があるかどうか、
という部分が重視されることもあるんですよ。

助産師が倒れたりしては、実際に出産する妊婦さんの不安は
計り知れないものになりますよね。

 

しっかりと励まし、お産を導いていく助産師というのが求められているんですよ。

 

 

nuwehu Tagged: .

採用されやすい助産師とは

Posted on by

dmiueiuht

少子化と言われている社会の中で、助産師という資格を取得しても、
需要がないかもしれないと感じている看護師も多いかもしれません。

確かに、助産院の数は減少傾向にあるとも言われていますよね。
ですが、実は助産院として開業していなくとも、
病院内にある院内助産院というのは増えているんですよ。

 

ですので、助産師の需要が減っているという事はなく、
むしろ増加しているとも言えるんです。

正常分娩の場合、助産師が分娩を取扱い、
リスクがあったり問題があったりする分娩の場合には、
産婦人科医が取り扱うという分業も進んでいるんです。

 

助産師の資格を取得することは難しいことですが、
需要があるならばチャレンジしたいという看護師も多いのではないでしょうか。

 

助産師は需要が高い反面、質の良い助産師を求める
病院や助産院が多いのも事実です。

特徴が無い助産師と、アピールポイントがある助産師ならば、
やはり後者の方が好まれますよね。

 

最近では、産婦人科も特徴を持っているクリニックなども多くありますが、
その特徴に合っている助産師を必要としているところも多いんですね。

妊婦さんの産後ケアに、アロマテラピーを取り入れているという所や、
マタニティヨガやベビーヨガを取り入れているという所、
食育に力を入れているという所などもあります。

 

このようなクリニックや助産院では、
そういった勉強をしている助産師の方が採用されやすくなっているんですね。

助産師は経験と体力も必要になる仕事です。
この辺りがアピールできるといいですよね。

 

 

dmiueiuht Tagged: .

助産師の仕事と資格の価値

Posted on by

ngui

助産師の主な仕事は、お産を介助し、
出産をサポートしていくことですよね。

ですが、妊婦さんがお産をすることをただ手伝うだけではなく、
助産師はリーダーシップを発揮しお産を導く
ということも大切な仕事なんです。

 

また、助産師の仕事は、
出産の際に介助するということだけではないんですよ。

普段は看護師と同じように、
妊婦さんのケアを行ったり、診察の補助を行う事もあります。
助産院では、妊婦さんの健康管理や指導といったことも行う事になりますよ。

 

同じ女性という立場から、出産を控えて不安定になっている
妊婦さんの相談にのることだってあるんです。

場合によっては、生まれてくる赤ちゃんのため、
厳しい指導を行っていく必要もあるんです。

 

いかなる場合でも、妊婦さんや生まれてくる赤ちゃんにとって、
最良のお産となるように導いていく事が大切なんですね。

 

看護師の中でも、助産師の資格を所持している人はあまりいませんよね。

看護師になって、助産師になりたいという人も少ないわけでは無いんですが、
助産師を養成する学校は少なく、
勉強もかなり難しいという理由で、助産師の数はとても少ないんですね。

 

助産師という仕事を考えてみると、
勉強が難しいというのは当然のことでもありますが、
その分助産師の資格を取得することが出来れば、給料や待遇などは良くなります

価値がある資格ですので、是非チャレンジしていただけたらと思います。

 

 

ngui Tagged: , .

助産師は体力勝負?!

Posted on by

fmuieht

看護師はもともと体力が必要な仕事だと言われていますよね。
ですが、さらに体力が必要と言われているのが、助産師の仕事なんです。

もともと勤務時間が不規則で、日勤と夜勤を繰り返すことが
多くなっている看護師ですが、
助産師はさらにハードな勤務となることが多いんですね。

 

そのため、学生時代には体育会系でバリバリ活動していた
という看護師の方が、向いている職業でもあるんですよ。

求人情報を見る限りでは、「簡単かもしれない」
と感じている看護師もいるでしょうが、
精神的に弱い看護師にとっては、向いている仕事とは言えないんです。

 

お産を手助けしていくことになる助産師の仕事は、
妊婦さんのお産に合わせて仕事をこなしていかなくてはなりません

ですが、妊婦さんのお産は、全く予想出来ないものでもありますよね。
赤ちゃんは時間に関係なく生まれてくるので、
助産師はいつ赤ちゃんが生まれても良いように準備しなくてはなりません。

 

場合によっては、自分のスケジュールが入っていたとしても、
それをすっ飛ばしてお産を介助していく必要がありますよね。

助産師は確かに経験も必要となるのですが、
やはり体力があり融通が利くということも必要になります。

 

収入が良いからという理由だけでは、
とても務まるような仕事ではないんですね。

 

 

fmuieht Tagged: , .

人気急上昇の助産師資格を最短でとる!

Posted on by

助産師は国家資格です

jhehh
助産師は、妊婦さんに対する保健指導や分娩時の介助、
育児相談や新生児・乳児のケアを行う仕事
です。

病院や診療所、保健所に勤めるほか、
自宅での分娩を介助したり、
自ら助産院を開業したりすることもできます。

 

この仕事に就くには
国家試験に合格することが必要
ですが、
国家試験を受けるためには先に看護師資格を取得し、
その後指定の養成学校に1年間通う必要があります。

あるいは看護師養成課程の中に助産師養成の
カリキュラムを含んでいる大学・専門学校で
学んでいる人なら修了した時点で
受験することが可能になります。

 

産婦人科医は男女どちらでもなることができるのに対し、
この仕事に就けるのは女性に限られています。

 

独立開業のチャンスもあり!

慢性的な人手不足が言われているものの、
この仕事に就いている人は年々増加しており、
特に20代後半の若い世代が多くなっているのが特徴です。

核家族化で母親が育児相談できる相手がいないこと、
アットホームな自宅での出産が見直されていることから
需要の高まりが予想され、
独立開業のチャンスも増えていくもの
と思われます。

 

国家試験の合格率は90%以上と非常に高くなっていますが、
そもそも養成校の数が少なく競争率が高いので、
この仕事を目指すなら早めの決断と
情報収集が欠かせません。

 

資格を取る方法は1つではい?

jiejf
助産師の資格を取るには
いくつかの方法があります。

まず1つ目は助産専攻がある大学に入ることです。
ただ助産専攻がとれる人数はとても少なくて、
10人取れるか取れないくらいです。

 

また、卒業時に看護師、保健師、助産師の国家試験を
同時に受験することになり成績順で選ばれますので、
かなり気合いを入れて勉強をしなければいけません。

2つ目は看護学校卒業後に大学に編入する方法です。
大学編入は3回生から合流し、
2年かけて勉強することになります。

 

ただ大学も編入学の枠が少なくなってきているので、
必ずしも入れるとは限りません。

助産院 求人

 

難関試験なので勉強はしっかりと!

3つ目は
看護学校卒業後に専門学校に行く方法です。

倍率もかなり高いですが、入学でき卒業すれば
国家試験受験資格を必ずもらえるのですから、
確実性はあります。

 

ただ看護師国家試験の勉強と専門学校受験の勉強の
両立をしなくてはいけません。

また3年生の12月くらいまで病院での実習があります。
毎日の実習をこなしながら、専門学校の
受験勉強に国家試験とかなり大変になります。

 

いずれも難関ですので
しっかり勉強することが大事
です。

国家試験に合格すれば助産院を開院できますが、
医師もいないし薬剤も使えないので、
自分の経験と知識と勘だけが頼りになります。

 

しばらくは分娩件数の多い病院で
修行を積んでからということになります。

 

jhehh Tagged: , .