助産院の求人募集について

Category Archives: 未分類

助産師に人気の資格【リフレクソロジー】

Posted on by

wieuhfjk

妊娠した女性というのは、
いつも以上に心に不安を抱えている場合があるんです。

これらの不安はストレスへと変化し、
少しずつ妊婦さんに蓄積されるんですね。
ストレスなどは、妊娠している女性にとっては避けたいものでもあります。

 

このストレスを上手に解消できる助産師が居てくれれば、
助産院としてはとても心強いですよね。

最近では、そんなストレスを解消させることが出来る、
リフレクソロジーなどの資格を取得する助産師も増えているんですよ。

 

長く助産師として仕事をしてきた人が、リフレクソロジーを学び資格を取得し、
日々の診療やケアに取り入れることもあるんです。

リフレクソロジーはリラックスのためのケアだけではなく、
身体のケアにもなります。
むくみや老廃物がたまりやすくなってしまう状態のケアにも向いていますよ。

 

また、実際に手で足に触れるというスキンシップによって、
妊婦さんに安心感を与える事も可能なんです。

もちろん、リフレクソロジーとは言っても、
あん摩師や鍼灸師のような資格を必要とするわけではありません。

 

基本的にはリラクゼーションの域ですので、
一般的にはトリートメントを行う事がメインとなります。

資格がなくとも知識があれば行えるのですが、
やはり勉強をして資格を取得すれば、その分信頼感もあります

 

「よりよいお産をして頂きたい」「妊婦さんとの強い信頼関係を作りたい」
という助産師にとっては、
リフレクソロジーの資格はかなり良い資格だと言えそうです。

 

 

wieuhfjk Tagged: .

人気急上昇の助産師資格を最短でとる!

Posted on by

助産師は国家資格です

jhehh
助産師は、妊婦さんに対する保健指導や分娩時の介助、
育児相談や新生児・乳児のケアを行う仕事
です。

病院や診療所、保健所に勤めるほか、
自宅での分娩を介助したり、
自ら助産院を開業したりすることもできます。

 

この仕事に就くには
国家試験に合格することが必要
ですが、
国家試験を受けるためには先に看護師資格を取得し、
その後指定の養成学校に1年間通う必要があります。

あるいは看護師養成課程の中に助産師養成の
カリキュラムを含んでいる大学・専門学校で
学んでいる人なら修了した時点で
受験することが可能になります。

 

産婦人科医は男女どちらでもなることができるのに対し、
この仕事に就けるのは女性に限られています。

 

独立開業のチャンスもあり!

慢性的な人手不足が言われているものの、
この仕事に就いている人は年々増加しており、
特に20代後半の若い世代が多くなっているのが特徴です。

核家族化で母親が育児相談できる相手がいないこと、
アットホームな自宅での出産が見直されていることから
需要の高まりが予想され、
独立開業のチャンスも増えていくもの
と思われます。

 

国家試験の合格率は90%以上と非常に高くなっていますが、
そもそも養成校の数が少なく競争率が高いので、
この仕事を目指すなら早めの決断と
情報収集が欠かせません。

 

資格を取る方法は1つではい?

jiejf
助産師の資格を取るには
いくつかの方法があります。

まず1つ目は助産専攻がある大学に入ることです。
ただ助産専攻がとれる人数はとても少なくて、
10人取れるか取れないくらいです。

 

また、卒業時に看護師、保健師、助産師の国家試験を
同時に受験することになり成績順で選ばれますので、
かなり気合いを入れて勉強をしなければいけません。

2つ目は看護学校卒業後に大学に編入する方法です。
大学編入は3回生から合流し、
2年かけて勉強することになります。

 

ただ大学も編入学の枠が少なくなってきているので、
必ずしも入れるとは限りません。

助産院 求人

 

難関試験なので勉強はしっかりと!

3つ目は
看護学校卒業後に専門学校に行く方法です。

倍率もかなり高いですが、入学でき卒業すれば
国家試験受験資格を必ずもらえるのですから、
確実性はあります。

 

ただ看護師国家試験の勉強と専門学校受験の勉強の
両立をしなくてはいけません。

また3年生の12月くらいまで病院での実習があります。
毎日の実習をこなしながら、専門学校の
受験勉強に国家試験とかなり大変になります。

 

いずれも難関ですので
しっかり勉強することが大事
です。

国家試験に合格すれば助産院を開院できますが、
医師もいないし薬剤も使えないので、
自分の経験と知識と勘だけが頼りになります。

 

しばらくは分娩件数の多い病院で
修行を積んでからということになります。

 

jhehh Tagged: , .