dmiueiuht

少子化と言われている社会の中で、助産師という資格を取得しても、
需要がないかもしれないと感じている看護師も多いかもしれません。

確かに、助産院の数は減少傾向にあるとも言われていますよね。
ですが、実は助産院として開業していなくとも、
病院内にある院内助産院というのは増えているんですよ。

 

ですので、助産師の需要が減っているという事はなく、
むしろ増加しているとも言えるんです。

正常分娩の場合、助産師が分娩を取扱い、
リスクがあったり問題があったりする分娩の場合には、
産婦人科医が取り扱うという分業も進んでいるんです。

 

助産師の資格を取得することは難しいことですが、
需要があるならばチャレンジしたいという看護師も多いのではないでしょうか。

 

助産師は需要が高い反面、質の良い助産師を求める
病院や助産院が多いのも事実です。

特徴が無い助産師と、アピールポイントがある助産師ならば、
やはり後者の方が好まれますよね。

 

最近では、産婦人科も特徴を持っているクリニックなども多くありますが、
その特徴に合っている助産師を必要としているところも多いんですね。

妊婦さんの産後ケアに、アロマテラピーを取り入れているという所や、
マタニティヨガやベビーヨガを取り入れているという所、
食育に力を入れているという所などもあります。

 

このようなクリニックや助産院では、
そういった勉強をしている助産師の方が採用されやすくなっているんですね。

助産師は経験と体力も必要になる仕事です。
この辺りがアピールできるといいですよね。