mfnsuih

病院とは異なり、助産師は助産院に勤務したり
助産院を開業することになりますよね。

この助産院に勤務する際に、
注意して確認しておいた方が良い点が多くあるんです。

 

総合病院に勤務していたという助産師さんは、
「助産院もあまり仕事に変化がなく、待遇も変わらないだろうな」
という思い込みがあることが多いんです。

給料などの提示がよければ、
後のことはあまり確認しないという方もいますよね。

 

ですが、助産院は病院ほど就業規則があるわけではなく、
勤務時間自体が曖昧になっているというところも少なくありません

時間外労働の考え方などが曖昧であったり、
残業手当の支給が無いということもあるんです。

 

労働時間に関するもの以外でも、
確認しておきたいことは多くありますよ。

例えば、交通費や通勤手当といったものは全額支給されるのかについてや、
各種手当の支給状況はどのようになっているのかということも重要です。

 

また、福利厚生の部分については、盲点ともなります。
病棟勤務の場合であればかなり手厚い福利厚生があったのに、
全く期待できないという助産院もあります。

有給休暇の取得も、少数で運営する助産院であれば
難しい場合もありますよね。

 

それでも、自分の考え方でお産を進める事が出来るからという理由で、
その助産院を選ぶ助産師もいるのですが、
このような事を事前に確認しておくことはとても大切ですよ。